【天/No.10009服部半蔵】スキルテーブルと用途

No.10009服部半蔵

ステータス

コスト 5
HP 150
指揮兵数 4750
兵法 660 (LvUp加算量 3.5)
攻撃力 1050 (LvUp加算量 44)
防御力 1170 (LvUp加算量 56)

スキル性能

スキルテーブル

S1S2
布都御魂ノ鬨 [SS]星宿劫ノ法壁 [SS]天奏聖譚曲 [SS]禍津日神ノ謀 [SS]天弓星宿陣 [SS]
布都御魂ノ鬨 [SS]星宿劫ノ法壁 [SS]天奏聖譚曲 [SS]禍津日神ノ謀 [SS]天弓星宿陣 [SS]
布都御魂ノ鬨 [SS]星宿劫ノ法壁 [SS]天奏聖譚曲 [SS]禍津日神ノ謀 [SS]天弓星宿陣 [SS]

初期スキル:神君迎入ノ術[S]

神君迎入ノ術[S]

確率:+100% / 全防御:120%上昇
防御戦闘時、この武将は防御側武将数を数えてスキルの発動条件や効果を決定する攻撃側武将スキルのカウント対象にならない(模倣不可)

 

用途:防御蘆名→盟主・補佐加勢で使える?

 スキルの特殊効果は、人数依存で効果≒火力が変わるスキルを使う時、この武将を入れるとカウントされないというものになります。

 効果を発揮する場所を考えると、基本的には加勢が多く集まる盟主、盟主補佐城に加勢を入れるときに用いることになりそうです。それから、1-8では影武者砦がフル状態になるので攻撃側は倍率を使うことも多いのですが、その際にこいつが入ってると思ったより火力が出ないってことになるかもしれません。

 スキルの特殊性から、有用な武将である可能性が高いかと思われます。

 

 実践に投入する場合に関して少し考えてみます。

 盟主防御に関しては大内+明智という構成が流行っています。

 大内部隊に関しては倍率枠に防御武将人数依存スキルを移植することで飛躍的に火力を伸ばすことができるため、すでに倍率大内部隊を作製している人にとっては服部半蔵を使用するメリットはなさそうです。

 一方、明智部隊に関してはスキル移植は現在不可能であるため、模倣スキルを用いることになります。半蔵を投入するとすれば、こちらになると思います。現在、盟主補佐3を任命していない場合の最大盟主防御人数は260武将です。参考

 このうち、1部隊に半蔵が入ると、1/260=0.348%程度倍率部隊の火力を減少させてくれます。

 すごい微妙な数字ですね。

 1部隊1億出る部隊だとしても、3.84万程度にしかなりません。

 1部隊は速度兼デバフと仮定して25部隊が人数系部隊だったとしても、96万しか敵部隊の火力を下げることしかできません。

 すごい微妙な数字ですね(2回目)

 ただ、これも火力1億半蔵は1人しか入れない、フル加勢

 という仮定に基づいた推測です

 

 21章の時点での前田有馬島津信長の火力考察ではデバフ食らわなければ1.5憶くらい出ます。半蔵はこの1.5憶に効くので、実際には5万程度の火力低下になります。

 

 天元突破や最上の登場でより火力が上昇しているので、実際には6万くらいは下げれるかも?(計算してないし、それでも微妙な数字)

 

 あとは、半蔵の人数を増やせばそれだけ効果は高くなります。

 半蔵3人で1%、9人で3%くらいの減少率と考えれば、そこそこのデバフ効果を得られるんじゃないのかな?と推測できたりします。明智部隊に入れる際には、直配備でのコストにさえ気を付ければ、この武将を使用するデメリットはあまりないかと思います。

 ただまあ、まあなんにせよ、同盟内でそれなりの人数が半蔵を引いて、きちんと模倣をつけて盟主城や補佐城に加勢できるというのが条件になってくるうえ、蘆名などの単純火力部隊に対しては効果ゼロであることから、「忍天服部半蔵デバフ」は現状なかなか難しいというのが現実なのではないかと思います。

 

 それから、どこでこの話をしようと隙を窺っていたのですができなかった話。半蔵さんは5コスなので、防御蘆名に入ります。5コス防御天自体が少ないため、しっかり実践投入できるレベルなんじゃないかな?とか思っています。S2が天弓で極限に狙いやすいというのも一つ大きなメリットですね。

 防御蘆名は単体で1億くらい出るそうなので、盟主加勢に送ることも無きにしも非ずだと思います。そのとき、若干効果が出てくれるかもしれませんね。

 


 最後まで読んでいただきありがとうございます!!

 もし、「面白かった」「役に立った」と思ったら、

下の”ぽちっと”よろしくお願いします!!!!

 

 


戦国IXA(イクサ)ランキング