【第1回】卓越を考える

OP

 おつあめ~

 ってことで今回は、卓越をいろいろ考えます。

 ちなみに、前置きをさせてほしいのですが、深夜(午前3時)に書いています。

 ので、検討ちがいなこと、ちょっとした計算のミス。

 とかいろいろあると思いますが許してください。

 ただ、大枠で現在(2022/2/24)での最強の卓越部隊の構成ってどんな感じになるのか

 そのイメージを持っていただくっていうのが今回のブログの趣旨になります。

 さて。

 

 で、ですよ。

 

 最近卓越って運営のガン推しじゃないですか?

 それはいいんですけど、私は声を大にして言いたいことがあります。

 

 なんか色々新要素出しすぎなんよ

 

 前期の終わりに加藤が出ましたよね。

 実はいまだに加藤の考察はやってません。

 理由はめんどくさかったから。

 

 次に、新しい章になって卓越何か出るだろうな~

 と思っていたら、覇明智光秀。そして、天津日ノ太刀とかいう新スキルまで出やがりました。

 私がこれについて思ったのは一つだけ。

 

 考察めんどくさい

 

 そもそも明智のスキルがややこしいんですよ。

 卓越の効果が2乗されるでいいじゃないですか。めんどくさい。

 

 太刀に至っては、発動率100%かと思いきや57%なんですよね。

 期待値計算するこっちの身にもなってください←

 

 挙句の果てに、2月の武将追加では吉川の登場により

 「波濤ノ剛撃」という卓越補助スキル(+20%上昇)の移植が可能になりました。

 

おおいんよ!!

 情報過多で考える力がわいてきませんでした。

 と文句を言うのもいいですが、そろそろここで一区切りつけるべきでしょうということで、

 卓越部隊の考察を行っていきたいと思います。

 

 

加藤問題

 ここでは、加藤に何持たせるべきか考えます。 

 

 

 渦中の人です。

 こいつ欲しかったけど手に入らなかった極ランキング第1位ですね。

 効果は、「武士」「長槍足軽」「足軽」の攻撃効果「+9」です

 これが考えるの厄介なんですよね。

 何が厄介化というと、

 「どの兵種持たせるか問題」

 です。

 しかし、他のブログで何回もこすられたネタだと思うので、あんまり今からお話ししてもしょうがないかもしれないんですよね。

 なので、私は簡単な表だけ置いておきます。

 どうせ卓越で話が出てくるのはこの3種だと思うので、これで考えます。

 傑信長とか出てきたら話は別でしょうが、あれをゲットできる人は限られ過ぎているので計算に入れません。

 カードの効果は加藤、藤林で増加した後の兵士の攻撃力

 XXX+XXXとかは、各統率での兵士の攻撃力です。

 で、結局どう見てもらえばいいのかというと、

 XXX+Xまでは武士が最強って話です。

 

 もう解決。

 おわり。

 加藤を入れるなら、武士を持たせとけ!!!!

 そういうことになります。

 (※卓越部隊に入る武将でXXX+X以下の統率になる人はいないはず)

 

部隊の考察

 加藤問題が解決したところで、実際の部隊作成に移ります。

 まあ、卓越といえば江,極限3倍,今川くらいしか候補がなくて部隊組むのも簡単だったんですが、

 今ではいろいろと候補が増えてどれが強いのかわからなくなってきました。

 その候補が抱いたこのあたりになるのかなと予想しています。

 

 明智光秀(覇4) → 23章覇
 今川義元(覇2)  → 23章覇
 斎藤道三(覇)  → 23章覇
 江  → 卓越補助
 今川義元(覇)  → 攻撃力3倍
 最上義光(4)  → 極限3.6倍
 島津貴久(2)  → 極限3.6倍
 有馬晴信  → 極限3.6倍
 織田信長(覇3RE)  → 1.24倍ノッブ
 細川ガラシャ → 卓越補助
 加藤清正 → 槍兵種+9の人

 

 というわけで、大体この中から武将を選んでいくことになると思うんですが、

 卓越は蘆名部隊と自合組めることがメリットですよね。

 なので、できるだけ蘆名部隊に含まれないカードを選んでいきたいと思います。

 例えば、斎藤道三は5.5コス天なので、基本は蘆名に組み込みたいですよね。

 新覇の今川も蘆名部隊ですかね。

 その中で火力出すってなるとどのへんかというと、

 明智光秀(覇4) → 23章覇
 今川義元(覇2)  → 23章覇
 斎藤道三(覇)  → 23章覇
 江  → 卓越補助
 今川義元(覇)  → 攻撃力3倍
 最上義光(4)  → 極限3.6倍
 島津貴久(2)  → 極限3.6倍
 有馬晴信  → 極限3.6倍
 織田信長(覇3RE)  → 1.24倍ノッブ
 細川ガラシャ → 卓越補助
 加藤清正 → 槍兵種+9の人

 

 今回は一応第1弾ということで、蘆名部隊と被らない武将で作ってみた高火力卓越

 という体で話をしていきます。

 

 なので、申し訳ないけど攻撃力3倍の今川は使わせてください

 

 蘆名に2.5倍の新覇今川を使うとこっちの今川が使えないんですが、その辺はご愛敬です。

 

 そうすると、候補は

 

 明智光秀(覇4) → 23章覇
 今川義元(覇2)  → 23章覇
 斎藤道三(覇)  → 23章覇
 江  → 卓越補助
 今川義元(覇)  → 攻撃力3倍
 最上義光(4)  → 極限3.6倍
 島津貴久(2)  → 極限3.6倍
 有馬晴信  → 極限3.6倍
 織田信長(覇3RE)  → 1.24倍ノッブ
 細川ガラシャ → 卓越補助
 加藤清正 → 槍兵種+9の人

 

 このへん。

 この中で、明智+江の組み合わせは文句ないと思います。

 今回は、残りの2枠を今川、有馬、加藤で回してみて、

 どう組むとどれくらいの火力になるのかを調べていきたいと思います。

 

部隊を作ってみた

 とりあえず、部隊作成の留意点です。

 C下げた方がいいよって言われていますが、ランクアップボタンが邪魔なのでコストはあげます。

 

部隊作成時と計算のルール

特に注のない場合極限時の「0.5C&+200指揮兵士数」は行うものとする

特に注のない場合天元突破

(総攻撃力)=(兵士攻撃力×指揮兵指数×統率)の総和(武将攻撃力×統率)の総和)

(スキル発動率上昇値)=(最大兵法値+他兵法合計値÷600)÷100(部隊ランクボーナス)%上昇

 ※ランクボーナスは全員天限のため基本的に「+12」%上昇となる

 

 有楽斎さんのブログでは、コスト上げないことによる火力減少は1%程度

 とのことだったので、大体1億なら10万くらい下がるよと思って読んでいただけると幸いです。

 

 そして、火力計算の留意点について

 

火力計算の方法

総攻撃力=(部隊攻撃力)×(100+スキル上昇効果)÷100

期待値=部隊総攻撃力×(100+(スキル発動率×スキル上昇効果)の総和)÷100

陣レベル5による上昇

 攻撃力を+10%上昇(×1.1)

名声MAXによる上昇

 2+(名声÷100)%上昇

 今回は名声上限150として計算した。

 攻撃力を+3.5%上昇(×1.035)

 

 今回は卓越なので、卓越分の期待値も計算しています。

 卓越分の期待値は、

 元火力+元火力×卓越に書かれている倍数×卓越確率

 で算出しています。

 火之迦具土神で卓越確率+30%なら、

 160+160*2*(0.25+0.30)

 という計算になります。

 

 

 では実際に部隊を組んでいきます。

 

有馬加藤

部隊構成。ステ振り

 兵法振り2、攻撃振り2の構成です。

 総攻撃力は137.9万です。

スキル構成

 ギリギリ現実可能な範囲内がこれかなと思っています。

 江に関しては極限に火之迦具土神狙えるかどうかはわかりませんが、加藤はS2火之迦具土神だし極限に狙いたいですよね。

 また、 

 天津日ノ太刀

 波濤ノ剛撃 

 が目新しいスキルです。このスキルを確定発動にするために、わざわざ兵法要員が必要になりましたが

 鬼滅を入れなくても火之迦具土神が100%卓越発動になりました。

 

 

 

 この時の火力がこんな感じです。

 

総攻撃力11673期待値11,346
陣&名声13290陣&名声12,917
落石12007落石11671

 

 陣&名声の最大火力で1.3憶

 落石で1.2憶です

 落石は計算ややこしくなりそうだったので、攻撃力を0とした時の火力です。

 それでも、蘆名くらいの火力が出ることがわかりました。

 

今川加藤

部隊構成。ステ振り

 これも、兵法2攻撃2です

 兵法に2名振っているので、今川でも総攻撃力に占める攻撃力の割合が20%弱になっています。

 

  スキル構成

 

 スキル構成はさっきと一緒かな。

 

 

 この時の火力はこう

総攻撃力11,308期待値10,938
陣&名声12,874陣&名声12,453
落石10451落石10109

 

 落石の影響が大きくなりましたが、それでも1億は出るようです。

 

今川有馬

 

 これは既存の部隊に明智を入れた感じです。

 よって兵種は焙烙です。

  

スキル構成

 これもあまり変わり映えしません。

 

 火力

総攻撃力12,085期待値11,746
陣&名声13,759陣&名声13,373
落石11,530落石11207

 陣&名声で1.37憶

 落石込みで1.1憶

 これも蘆名並みの火力が出ます。

 

 

 

火力の考察

各編成と火力の関係はこうなります

 

最大火力の比較(江と明智は固定)

編成陣&名声火力落石
有馬加藤13,29012,007
今川加藤12,87410,451
今川有馬13,75911,530

 

 通常のMAX火力に関しては今川有馬が若干抜けていますが、

 落石後の火力では有馬加藤が抜けていますね。

 ただ、その差も1000万以内に収まっています。

 もし加藤があるなら有馬加藤が丸いですね。

 その分蘆名部隊で使用する武将の幅も広がります。

 

 で、ちょっと面白かったので図にしたのですが、

 これは全体のスキル上昇率に占める各武将のスキル上昇率の割合となっています。

 

 

 

 こう見ると、やはり明智が圧倒的ですよね。

 いかに明智のスキルが強いのかがわかる結果となりました。

 明智+卓越補助がいれば、正直後は大体どの構成でも1億程度の火力は出るんじゃないのかなと思います。

 

 

まとめ

 今回は、ギリギリ作れそうなラインの最大火力を求めるという体で書いてきました。

 まとめると、

加藤卓越なら武士を持たせとけばいい

江+明智固定で、加藤・有馬・攻撃3倍今川から2人取る構成では、3名とも1億を超えた(ただし、明智に遠呂智がついている場合)

明智の火力に占める割合が非常に高い

 という感じかなと思います。

 

 長々とお話にお付き合いくださりありがとうございました。

 おおざっぱな話に終始してしまいましたが、なんとなくの整理はできた気がします。

 

 それでは今回はこの辺で~

 

 


 最後まで読んでいただきありがとうございます!!

 もし、「面白かった」「役に立った」と思ったら、

下の”ぽちっと”よろしくお願いします!!!!

 


戦国IXA(イクサ)ランキング